価格競争を脱却する方法 | 消費者がモノを買う1つの理由


「価格競争になり、利益が出ない。」

「価格競争が厳しくて、赤字だ。」

などの言葉を経営者から良く聞きます。


価格競争を脱却する方法は何か?


これについて、

1.なぜ価格競争に陥るのか?

2.価格競争を脱却する方法とは?

の2つのポイントから考えていきます。


この記事を読んで、改善してもらえれば、価格競争から脱却できます。



■ 1.なぜ価格競争に陥るのか?
----------------------------------------------------

そもそも、なぜ価格競争に陥るのか?


それは、会社や店舗などの供給する側が、価格を安くしないと
消費者が買ってくれないと思うからです。



消費者は料金が安い、高いと言いますが、それは何と比較して
安い、高いと判断しているのだと思いますか?


全く同じ商品を同じサービスで販売しているのであれば、
他社と比べて高い安いと比較できますが、

今の時代、全く同じ商品やサービスなどはないと思います。


逆に、他と同じ商品やサービスを扱っている時点で、負けです。



消費者の高い、安いの判断基準は、

”価値”と比較して、価格(料金)が安いか高いかなのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


”価値”という判断基準を、消費者に提供しないで、

”価格(料金)”という判断基準のみを消費者に提供するから、

価格競争に陥るのです。





■ 2.価格競争を脱却する方法とは?
----------------------------------------------------

ここで、あなたに質問です。


「消費者はどのようなモノを買いたいと思っていますか?」


 ↓

 ↓

 ↓

 (考えてください。)

 ↓

 ↓

 ↓

 (答えは出ましたか?)



答えは、

------------------------------------------------

消費者は、安いものを買いたいわけではありません。

消費者は、価値のあるものを買いたいのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
------------------------------------------------


つまり、消費者にはモノの価値を理解してもらわない限り、
価格(料金)を提示しても意味がないのです。



この商品やサービスにはこんな価値があります。

と、色々な角度から説明して、そのサービスや商品の価値を
しっかりと認識してもらう。


その上で、価格(料金)を示すのが順番です。



しかし、ほとんどの方が、

「○○サービス:△△円」


というように、価値について何も説明しないで、価格(料金)を示します。


それでは、お客さんの判断基準がありませんので、
価格(料金)の高い安いだけが判断基準になり、価格競争になるのです。




価格競争から脱却するためには、自社の価値、商品、サービスの価値
を再度見つめ直してください。


大抵の会社には、価値があるにもかかわらず、見えていないだけです。

もし、価値がなくても、創ればよいだけです。




■ 価値を創造する会社
----------------------------------------------------

当社では、埋もれている価値を発掘したり、
新しい価値を創造したりしながら、勝つために必要な土台作りを
支援しています。



ほとんどの経営者と、2時間ぐらい色々と話をしていると、
埋もれていた価値が発掘できます。



埋もれていた価値が明確になると、

今まで頑張っても頑張っても売上が上がらなかったものが、
面白いように上がります。

 

 

 

集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所のトップページへ



(関連記事) 

ホームページの価値、日本一は1079億円 

美容室でマッサージ 

価格競争に負けない方法

経営者は常に考える/顧客のニーズから差別化要因を見つける 

宅配や出張サービスのニーズが高い 

利益なき価格競争からの脱却と新しい客層の開拓 

なぜ価格を安くしても、お客様はリピートしないのか?

中小企業が生き残る秘策とは。価格戦略 

仕入れゼロの「技術サービス」で大繁盛


 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg