なぜ、危機的な状況でも稼ぎ続けることができるのか?来月から売上がゼロに・・・

どのような状況でも 生き残る!.png

 

 

今現在、新型コロナウィルスの影響で、
飲食業をはじめ、危機的な状況になっている会社もあります。


今日は、
「コロナ禍でも「稼ぎ頭」をみつけた食品営業マンのダメモト発想」
という記事が「PRESIDENT Online」に掲載されていて、
この考え方はあなたの役に立つと思ったので紹介します。


記事の内容は、

食品会社の営業マンが、
新型コロナの影響で、飲食店向けの売上が「地獄の数字」
いなったにもかかわらず、

発想の転換によって、新たな「稼ぎ頭」をつくり、
生き残れる見込みが出てきた。


というものです。


・明日から急に売上がゼロに?
・今まで売れていた商品が売れなくなった・・・
・急に集客できなくなった・・・

などの時に役立つ情報です。


新型コロナの影響があった経営者も、
運良く影響がなかった経営者にも会社を発展させるための
重要なヒントが書いてあります。




■ 危機的な状況は来ない???

今までは、自分自身が危機的な体験をするかも
しれないと想像する人は少なかったと思います。


しかし、新型コロナウィルスの影響で、
あなたも含め多くの人が危機的な状況は
起こるモノだと認識したと思います。





危機的な状況というレベルにもよりますが、

・明日から急に売上がゼロに?
・今まで売れていた商品が売れなくなった・・・
・急に集客できなくなった・・・


というような状況は頻繁に起きます。




今現在、インターネットを使った集客が主流ですが、
インターネットの世界、とくに検索エンジン対策(SEO)の
世界では頻繁に変化します。

今までの常識が一夜にして全く通用しなくなる
というような状況が起こります。


ホームページを活用し、SEO対策で
毎月数千万円単位の利益を稼いでいた人が、
一夜にして、収入がゼロになるということは
頻繁に起こります。


Google社が検索エンジンの上位表示ロジックを
変えることはしょっちゅうで、

上位表示ロジックが変わることで、
今まで稼げていた方法で稼げなくなることが起こります。



詳しくは別の機会に話しますが、

・各種広告(リスティング広告、SNS広告など)
・アメブロ
・Facebook
・YouTube

などなど

今までの方法が通用しなくなることは、
頻繁に起こります。



話がそれましたので、本題に戻します。



危機的な状況は頻繁に起こります。



■ あなたならどうしますか?

ここであなたに質問です。


「もしあなたの会社が危機的な状況に陥り、
明日の売上、来月の売上が見込めない場合、
どのような対策を考えますか?」


「あなたはどのようにして生き残りますか?」


考えてみてください。


ぜひ、メモ帳などに答えを書いてみてください。

よい勉強になりますので。




↓(考え中)





↓(考え中)




答えは出ましたか?



■ 食品会社の営業マンは何をしたか?


新型コロナの影響で、飲食店向けの売上が
地獄のような数字なる事が分かった食品会社の
営業マンは、

廃止寸前だった飲食店向けのあるサービスを
売ることにしました。



この食品会社には、

店舗を開業する際、定期的に、清掃や消毒作業を
社内部署から頼まれてやっている部署がありました。

売上がない事実を会議で上層部から突かれて
「廃止」の声があがっている部署でした。



営業マンは、ニュースをみて、新型コロナ対応で、
飲食店に新型コロナ対応の消毒ニーズがあることを発見し、


この廃止寸前の清掃・消毒サービス売ることにしました。


消費者のニーズをもとに、新しいサービスを
見つけました。



■ ホームページに掲載しても売れない・・・

食品会社では衛生部門の消毒除菌作業を売ること
にしたので、ホームページに掲載して情報を発信しました。


しかし、問い合わせが数件きたぐらいで
稼ぎ頭にするにはほど遠い状況でした。



そこで、飲食店向けに発信しているメールマガジンで

件名に「【消毒作業うけたまわります】」
といれてメールを送ったところ、

申し込みが殺到しました。

4月の予約はもちろんのこと、
5月の予約もいっぱいという大盛況です。

これで新しい稼ぎ頭になりました。




■ 危機的な状況を生き残る2つのポイント

この記事からわかることが2つあります。


危機的な状況になっても、


1.時代のニーズを考え、売れる商品を作る

2.信頼関係の構築できている顧客リストを作る


の2つがあれば、大抵生き残れます。


どちらか一方がかけてもダメです。
両方ともなくてはいけません。



1.時代のニーズを考え、売れる商品を作る

経営者は常に変化に対応し続ける職業です。

いついかなる時も、市場のニーズに敏感になり、
売れる商品を作れなければいけません。


私は経営者と話していて感じますが、
経営者の多くは自社の価値に気がついていません。

ちょっとヒヤリングなどをすると、
びっくりするような価値がどんどん出てきます。

これをお客さんに伝えれば、
自然と売れいってしまうような価値です。


自信を持って言えます。

あなたの会社には、非常に大きな価値が
眠っています。


眠らせたままにしているのはもったいないです。


「私の会社にはそんな価値はないよ・・・」

と多くの方が思ったはずです。


しかし、あるのです。



2.信頼関係の構築できている顧客リストを作る

価値あるサービスができても、
それを伝える方法がないとビジネスは成り立ちません。


ゼロから広めていくのは大変です。


常日頃から、信頼関係の構築できている顧客リストを
整備しておく必要があります。


オススメはメールアドレスの顧客リストです。

今は、LINEなども反応がよいですが、
他社のサービスはいつどのような変化があるか分かりません。


ルールが変わって、一夜にして使えなくなることもあります。


ですので、自分で管理できるメールアドレスを持ちながら、
LINEなど今の時代に合った方法も使っていくというのがよいです。

ネットの世界では、今まで使えたサービスは
ルール変更で一気に使えなくなることも多いです。


昨日、テレビでYouTubeで200万人以上の
チャンネル登録者がいる人が、アカウント停止にあい、
一夜にして200万人以上と連絡が取れなくなった
ということをやっていました。


ネットの世界では、このようなことは
普通に起こります。


ですので、このようなことが起こっても
リカバリーできる状況にしておくべきです。



■ まとめ

会社を経営していると、
いつ危機的な状況になるかわかりません。


その時に生き抜くために、

1.時代のニーズを考え、売れる商品を作る

2.信頼関係の構築できている顧客リストを作る


の2つを常に磨き続けてください。



この2つは普通の時期でも、
会社を発展させる大きな武器になります。


あなたもぜひこの2つを磨き続けてください。

 

追伸.

私も生き残るために2つの方法を会得したいが、
何をどう考えればいいのかが分からない方は
下記の無料相談をご利用ください。

・無料相談の詳細はこちらへ

http://www.katuryoku.jp/category/2004453.html

 


【関連情報】

■ あなたの悩みを解決する記事満載?

集客方法や売上アップ、利益アップの記事の一覧

http://www.katuryoku.jp/category/1483673.html


■ 集客の本質を学ぶ「5ステップ動画講座」

http://www.katuryoku.jp/article/16105031.html

 

集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所のトップページへ

SEOマーケティングの電子書籍プレゼント
 


月10社限定無料相談(メール)
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。