なぜ、多くの経営者が安定した集客ができないのか?たった2つの共通点!



「あなたの会社は大丈夫ですか?」


こんな会社は結果が出ません!



出ませんは言い過ぎですね。

長期的に安定した結果が極端に出にくいです。



私は、過去5年間に1000人近くの経営者の
経営相談にのっていますが、


結果の出ていない会社には共通点があります。


たった2つの共通点です。



その共通点は何だと思いますか?


ちょっと考えてみてください。

答えをノートかメモ帳に書いて下さい。




↓(考え中)



↓(考え中)



↓(考え中)




どうですか。答えは書けましたか。



では答えです。



結果の出ない会社の共通点は、


1.顧客リスト(見込み客を含む)を蓄積していない


2.顧客リストとの信頼関係を構築していない


この2つです。




例えば、私が毎日楽しく仕事していられるのも、
この2つを徹底的に行っているからです。


また、私自身が

・広告費ゼロ円で、毎月150名の見込み客を5年以上集め続ける方法

・メール1通で105件の集客。約30万円の商品販売。その極意!

・個人事業主という社会的信頼度の低い状況で、粗利600万円の集客サービスが売れていく極意

・直近のクロージング率94.7%(19件中18件)を実現する方法

・ホームページの成約率17.59%! 驚異的な結果を出すホームページの作り方


などの結果を出しているのも


1.顧客リスト(見込み客を含む)を蓄積する


2.顧客リストとの信頼関係を構築する


を徹底的に行っているからです。



そして、これに加え、

「相手の感情を動かし、買いたいと思わせるスキル」

も重要です。



ビジネスで結果を出すためには、


1.顧客リスト(見込み客を含む)を蓄積する

2.顧客リストとの信頼関係を構築する

に加え、

3.相手の感情を動かし、買いたいと思わせるスキル


を身につければよいだけです。



この3つを身につければ、
将来の不安もかなり軽減し、
毎日楽しく生活できます。





こういう話をすると、

「ダイレクトレスポンスマーケティングでしょ?」

「リストマーケティングでしょ?」


「そんなの何度も試したけど、結果が出なかったよ。」


という方もいます。



その通りだと思います。



私も昔は形だけを真似して、

顧客リストを集めたり、
メルマガやステップメールを送ったりしました。


でも当時はまったく結果が出ませんでした。



今思うと、

3.相手の感情を動かし、買いたいと思わせるスキル

が身に付いていなかったので、


顧客リストとの信頼関係も構築できていなかったし、
欲しいと思わせることができなかったのだと思います。





現在、マスメディア取材獲得サービスを開始し、
紹介していますが、


「プレスリリースでしょ?
 やったけど結果でなかったよ。」


「知り合いが昔テレビに出たけど、
 短期間しか結果が出なかったよ。」

と話す方もいます。



きっとそうだと思います。


そんな上っ面だけのサービスだと
結果が出ません。




「なぜ結果が出ないか分かりますか?」



マスメディアに取り上げられるとしても、


1.顧客リスト(見込み客を含む)を蓄積する

2.顧客リストとの信頼関係を構築する

に加え、

3.相手の感情を動かし、買いたいと思わせるスキル


を考えて上での仕組みを構築しないと、
結果にはつながらないです。



簡単ですよね。
テレビに出るとしても、一瞬のことです。

毎日毎日新しい情報がテレビから流れるのですから、
一度ぐらい取り上げられても、短期間しか結果は出ません。




しかし、今回提供するサービスは、
長期的に安定した経営ができることを
一番に考えたサービスです。


興味があれば一度読んでみてください。



http://www.katuryoku.jp/category/2038116.html

 

 

「集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所」のトップページへ

 

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg