人口減少時代の勝ち方


日経新聞(2011年5月15日)に「人口減少が変える社会」
という記事が掲載されていました。


日本の総人口は現行のまま推移すると2010年の1億3千万人弱
から2050年には9千5百万人となり、約25%も減少する。


50歳時点での未婚者の割合を見ると
   1980年→2005年→2030年(予測)
男性 3%  →16%  →29%
女性 4%  →7%   →23%
と推移している。


今後一層厳しい環境に置かれるのは大都市圏。
これまで地方から流入して来た人の高齢化が進む一方で、
少子化などにより若者を中心とした人口流入は激減する。


地方から大都市への人口の流れが変わり、大都市経済は
ビジネスモデルの転換が必要。


人口減少時代にまず求められるのは、男女や年齢を問わず、
より多くの人が労働市場に参加し、自らの能力を最大限発揮
できる仕組みだろう。




この記事を読んであなたはどう思いましたか?
あなたの仕事に活かせそうなことはありますか?

↓ ↓ ↓

今の時代、世の中の流れが激しく動きますので、1年後、3年後、
5年後のことですらなかなか予測できません。

しかし、日本の総人口の予測に関しては唯一といっていいほど
正確に予測できることだと思います。

例えば、20年後に成人になる人数は100%正確に予測できる。
それ以上の予測はあくまでも予測になる。

しかし、ビジネスを行うに当たって1年後〜20年後までのトレンド
が分かる人口推移を利用しない手はないと思います。


私は15歳〜64歳を一番お金を稼ぎ使う現役世代と考え、その推移と
今後どうするべきかをホームページの中で紹介しています。

詳しくは後日紹介します。


この推移を見ると、ビジネスを行う経営者にとっては厳しい状況が
続きます。


しかし、人口減少の流れは当分の間変わらないのでこの流れを
逆手にとってあなたのビジネスの発展に利用して下さい。


少し考えるだけでも、
「女性も働く人が増える」→「家事を代行するようなニーズが高まる」

「お年寄りが増える」→「足腰が弱り買い物にいけない人が増える」
→「ご自宅まで届けるサービスのニーズが高まる」

などと想像できます。

もし、整体院や美容院、飲食店、歯科を営んでいる人は、
自宅まで伺いサービスを提供する「出張○○サービス」に
力を入れるといいかもしれません。


この他にも考えれば色々なアイデアが浮かんでくると思います。


常に考え、お客様のニーズを捉えて行きましょう。

「集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所」のトップページへ

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg