繁盛するお店と廃業するお店の違いは


繰り返しになりますが、重要なことなのでもう一度言います。

小さな会社や店舗を経営するうえで、利益をたくさん得ることが目的なら、
一番重要なのがフェーズ3(既存客のフォローアップ)です。

このフェーズ3(既存客のフォローアップ(顧客への再度販売))を
しっかりやってこそ、利益も確保でき繁盛店になれるのです。

小さな会社や店舗が利益を出し続ける唯一の方法です。


フェーズ3の「役割」は既存客をフォローして商品・サービスを再度販売することで、「目的」は利益を獲得することです。

フェーズ3では顧客獲得コストなどが一切かからないので、
商品やサービスを販売した際に、多くの利益を獲得することができます。

ほとんどの場合、利益をたくさん得ることができるのは
この既存客への再度販売しかありません。

このフェーズはとにかく、
既存客とコミュニケーションを取り続けることが重要です。

効果的なのが役立つ情報を提供し続けることです。
情報を提供し続けることで信頼を勝ち取ることができ、
信頼を得られれば顧客は様々な商品やサービスを購入し続けてくれます。


フォローをきちんと行った場合の好循環のサイクルは、
「定期的に役立つ情報を発信」→「お店の信頼度が上がる」
→「商品が売れる」→「既存客が新しいお客様を紹介してくれる」
→「繁盛店へまっしぐら」

となりますが、

逆に、フォローを行わなかった場合の悪循環のサイクルは、
「情報を発信しない」→「既存客はお店の存在を忘れる」
→「二度とお店に来なくなる」
→「既存客が減ったので新規客を集める(費用負担増)」
→「新規客を獲得しても広告コストがあるので利益は増えない」
→「新規客を獲得しても、それ以上に既存客がお店を離れていく」
→「お金がなくて新規客も獲得できない」→「廃業へ」
と最悪の結果になります。


この両者の違いはどこから来るのだろう?

好循環のサイクルは自然と既存客が増えていき、
悪循環のサイクルはお金を使って新規客を獲得しても、
一向に利益はあがりません。

この両者の違いは既存客のフォローをしているかどうかだけです。


私もよくクライアント様にお話しますが、
「バケツの穴をふさがずに、水をどんどん入れても、全体の水量は減るだけ」
ということです。
 

「そんなの当たり前じゃないか!」
「言われなくても分かるよ!」


というあなたの声が聞こえてきそうですが、
もう一度ご自分のお店がやっていることを考えてみて下さい。

悪循環のサイクルにはまっていませんか?

私の今までの経験から、本当に多くの経営者が
フェーズ3の既存客のフォローアップをおろそかにしています。

 
「繁盛店の9割以上が必ず行っているマーケティング不変の法則」にもどる

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg