不況でも売上アップ。ホームページで成功するために不可欠な二つの目的


◆不況でも売上がアップした最大の理由とは?

大手でも売上が2割3割落ちこみ、不況のあおりを受けて苦戦中の宝石業界。
そんな中、新規顧客の獲得に成功したお店があります。

その最大の理由は、

ホームページの狙いが明確だった

という点にあります。


そのお店では、「HPによる集客」を明確に意識してホームページを運営されていました。これが成功の秘訣だと思います。


具体的には、

HPによる集客 → 実店舗への誘導

という意味なのですが、このようにホームページを作る前に、ホームページの目的をはっきりさせることが成功の近道なのです。

私も色々なところで話していますが。戦略を立てるということです。


◆ホームページに不可欠な二つの目的

巷には、

「ホームページを作ったものの、お客さんは増えないし売り上げも上がらない。だからホームページなんか役に立たない」

と言う経営者が多いみたいですが、こうした会社のホームページは、ほぼ例外なく

ホームページを使って何をやりたいのか

がきちんと定まっていません。



ホームページで失敗する典型的なパターンは、ホームページ作成の狙いを明確にしないで、ただ何となくホームページを作りました、というものです。

何となく作って、何となく物が売れるほど、ホームページは簡単なものではありません。

ですからホームページを作成する前に、きちんとホームページの狙いを自分の中で整理しておきましょう。


あなたも胸に手を当てて、

「私は何のためにホームページを作ったんだろう?」

と自分に問いかけてみてください。


さて、ホームページの狙いを考える際には、下記の二つの観点で頭の中を整理してください。


(1)ホームページの目標(ゴール)

= ホームページをどうビジネスに役立てるか

= ホームページのビジネス上の目標(ゴール)


(2)ホームページの目的

= ホームページのアクセス者に何をしてほしいのか

= アクセスした人にとって欲しいアクション



◆(1)ホームページ目標(ゴール:ビジネス上の目標)

ホームページを作成するというのは、御社にとってインターネットという仮想マーケットに「店舗」や「支店」を出す、というイメージです。

リアルの世界で新たに店舗や支店をオープンする場合には、あらかじめビジネスにおけるその位置付けを明確にしてからスタートすると思います。


これは、ホームページも同じことです。


ホームページという仮想店舗を御社のビジネスにどう位置付けるのか、それを明確にしておかなければ、ホームページの成功は期待できません。

ですから、ホームページを作ることによって、御社のビジネスにどのように効果を与えたいのか、という

「ホームページのビジネス上の目標」
~~~~~~~~~~~~
を、まずはっきりさせましょう。

たとえば、

・新規顧客の開拓
・実店舗への誘導
・既存顧客のリピートオーダー
・見込み客の獲得
・会社、商品の知名度アップ

といったものです。


◆(2)ホームページの目的(アクセス者のアクション)

ホームページの「ビジネス上の目標」をはっきりさせたら、次に、その目標を達成するための、

「ホームページの目的」

を明確にしましょう。


これはつまり、

ホームページのビジネス上の目標を達成するために、

アクセスしてくれた人に何をしてほしいのか

を明確にするということです。


この目的の例としては、

・資料請求
・サンプル請求
・メールアドレス登録
・問合せ(電話、メール)
・商品購入(ネット販売)

などがあります。

先ほど紹介したお店の場合は、

・ホームページのビジネス上の目標

= 新規客の獲得

・ホームページの目的

= 来店誘導

となるでしょう。


なお、これらの目的はできるだけ絞り込むことが重要です。

あれもこれもと欲張ってしまうと、アクセス者は次にどう行動してよいかがわかりにくくなり、結局は目的を達成することができなくなってしまいますから。


みなさんもぜひ、

ホームページの目標と目的

をはっきりさせて成功してください。


SEOマーケティングの電子書籍プレゼント
 


月10社限定無料相談(メール)
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。