勝ち組と負け組みをわけるのは「情報の差別化」と「情報の提供力」で決まる


ネット社会における企業間競争は、「情報」にもとづいて行われます。

実社会の比較は、「商品」そのもので比較される。しかし、バーチャル(仮想的)なネットの世界では、商品そのものを比較することはできない。お客さんが比較できるのは、商品の魅力を伝える情報だけです。

実社会における企業間競争が、「商品による差別化」だとすれば、ネット社会における企業間競争は「情報の差別化」がキーワードです。

したがって今後戦いに勝ち残る企業を決めるのは、情報を差別化できるかどうか、すなわちライバル企業の一歩先を行く「情報の提供力」になっていくのです。

そしてこの「情報の提供力」に秀でた企業は、ネットで一人勝ちします。

お客様が選ぶ最終候補は多くの場合、同じ顔ぶれです。最終候補に残る企業は毎回残るし、そうでない企業は毎回ふるい落とされます。

ネットの勝ち組企業はホームページ経由の成果がコンスタントにあがるものの、負け組み企業のホームページはまったく成果がでません。

勝ち組と負け組みをわけるのは、「情報の提供力」です。

ホームページのデザインでも、企業の規模でもない、「情報の提供力」の差が、最終候補に残るかどうかを決めるのです。

また、情報の差別化という観点から言うと、いかに「現場」が自分自身で情報発信できるかが勝負のポイントになります。

大手企業は「全社共通」のホームページで「全国共通」の情報しか提供していないので、「実社会」では個別対応できるものの、「ネット社会」ではそうした個別対応がとれません。その結果、地域の中堅、中小の企業が、ネット社会の競争では勝っている場合も多いのです。

みなさんも大手企業に負けずに、現場からの情報をどんどんお客様に提供して行きましょう。

SEOマーケティングの電子書籍プレゼント
 


月10社限定無料相談(メール)
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。