安売りセールはなぜ儲からないのか?

多くの会社やお店の経営者は、「モノが売れない時代だ」「不況だ」と言っています。

そのせいか、町の看板、折込チラシ、新聞広告、そしてホームページのどこをみても「店じまいセール」とか「棚卸しセール」とか「在庫一掃セール」とか「期間限定」とか同じようなキャッチコピーの文字が躍っています。

お客様はこの類のセールを見るたびに、「またやっているよ」「いつも店じまいばかりじゃん」「何回棚卸しするんだ?」「毎回在庫一掃するくらいなら、そんなに仕入れるなよ」と内心感じとっています。

お店の大きい小さいに関係なく、お客様を集めるためにこの類のセールを行なうのですが、経営者ももうマンネリ化しているのは、十分に分かっているけど、やめることができません。

それはなぜなのだろうか?

たぶん、「難しいことは考えなくていい」または「他の方法を知らない」かのどちらかだと思います。

値引きは誰にでもすぐにできます。おそらく小学生にでもできると思います。
小学生でもできることを、長年ビジネスに関わってきた大人が、「定価ではモノが売れない。少しでも価格を下げないと売れないんだよね」と言い訳をしながら価格を書き換えていきます。

確かに、それで一瞬はお客様が集まるかもしれません。
しかしそれは、価格に興味があって集まったお客様であって、あなたの会社(お店)が必要だったわけではないのです。

安売り。
それは、ビジネスの一時的なカンフル剤です。あなたのビジネスを根本的に元気にするものではありません。


人間の体にカンフル剤を打ち続けると、やがてその肉体はボロボロになり朽ち果てていきます。
これはビジネスも同じことなのです。

それでもあなたは、安売りを続けるのです?
安売りを続ければ続けるほど、お客様はあなたのことを信用しなくなります。


解決策を知りたい方はご連絡ください。

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg