ホームページで失敗しないためには

様々な失敗例からホームページ制作、広告で失敗しないためには下記の教訓を学ぶことができます。

・ホームページ制作会社に丸投げしない。
制作会社の言うとおりに作ってもらっても、成果があがるとは限らない。

・最初から多額の投資をしない。
多額の投資をしても、成果があがるとは限らない。多額の投資が失敗したときは、その投資を回収するのは困難。

それともう一つ、これも重要なポイントです。
・ホームページが完成した後の、コンテンツ(内容)の更新費用を最初から確保しておく
最初に作ったホームページが、すぐに成果をあげられるとは限りません。完成後も、継続的にホームページの内容を見直して、コンテンツの追加や修正を行わないと、なかなか成果は出ないのです。

これは実店舗でも同じ事。お店を開店した直後から大成功、というのはレアケース。通常は、開店後も商品を見直したり、店内のレイアウトを工夫したりしながら、少しずつ成果をあげていくものです。

ホームページも同じです。ホームページを最初に作ればそれで終わり、ということはあり得ません。商品や価格の変更、キャンペーンや特売の実施、あるいは営業戦略の変更にあわせて、柔軟にホームページを見直していかなければならないのです。

従ってホームページは、「公開したときがスタート」だと思いましょう。最初にホームページを作って「はい終わり」ではないのです。「ホームページを公開(=完成)」したというのは、実店舗で言うと「店舗オープン」にあたります。実店舗で、「オープンしたら、はい終わり」というのはあり得ません。店舗のオープンは、そこから「スタート」することを意味します。

ホームページも同じように、「公開」したときが「スタート」なのです。公開した以降に、どれくらい継続的にコンテンツの追加・修正を行えるかが、成功のカギを握るのです。

従って、ホームページの「更新費用」を必ず確保しておきましょう。ホームページの規模にもよりますが、「毎月10万円」程度の予算を組んでおくことをお勧めします。

でももし、そんなに多額の「更新費用」を払えない、という方は、「自分でホームページを更新」しましょう。

制作会社に頼まずに、自分でホームページを更新するのです。制作会社に依頼しないで自分で更新すれば、コストはほとんどかかりません。制作会社との煩わしいやり取りも不要ですし、自分の変更したいときに即座に対応できます。

この「自分でホームページを更新する」という考え方、つまり、業者に頼らずに、自分自身の力でホームページを更新することが、成功の第一歩なのです。

SEOマーケティングの電子書籍プレゼント
 


月10社限定無料相談(メール)
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。