【事例で徹底解説】LPの成約率3.7%→40.9%にした方法を公開!

事例で徹底解説 LPの成約率を上げた方法.png


こんにちは。

集客や営業の初心者の方でも、
100万円以上の高額商品が面白いように
売れていくサポートをしている笠島です。


今回は、前回の記事
「ランディングページ(LP)の成約率を3.7%→40.9%へ11倍に上げた方法」
の続きです。


・前回の記事
「ランディングページ(LP)の成約率を3.7%→40.9%へ11倍に上げた方法」

https://www.katuryoku.jp/article/16428331.html



今回は実際のLP画像(上部を中心)を見ながら

成約率が、

3.7%→17.1%→40.9%

に上がっていった経緯をお話しします。



実際に私が何を考え、どのような流れで、
LPの成約率を上げたかをお話しします。



きっと多くの人が、

「これだけで、成約率が10倍以上違うのか?」

と驚くと思います。






■1.LPの成約率を高める3つのポイント


前回の記事でもお話ししましたが、
LPの成約率を高めるために注意すべきポイントは

---------------------------------

(1)できるだけ余分な情報は書かない

(2)ターゲットの悩みをとことん考える

(3)相手に伝わる言葉を使い、極力シンプルにする

---------------------------------

の3つです。


この3つのポイントに気を付けるだけで、
あなたも成約率30%以上のLPを作ることができます。



今回は事例を中心に書きますので、
3つのポイントの詳細は前回の記事で確認してください。

・前回の記事
「ランディングページ(LP)の成約率を3.7%→40.9%へ11倍に上げた方法」

https://www.katuryoku.jp/article/16428331.html




ちなみに、

今回は、無料のオファー(プレゼント)で
相手の名前や連絡先(メールアドレス)を
獲得するLPの成約率について話します。


アクセスはFacebook広告を使って
集めました。




■2.ベースになるLPの形


LPの成約率を高める3つのポイントの1つ目。


(1)できるだけ余分な情報は書かない


まずはこれを行います。


参考に私のリスト獲得LPを見てください。

https://ritamarketing.co.jp/present2/


最低限の情報しか書いてないと思います。


私は、

----------------

・キャッチコピー
  +
・ボタン(申し込み用)
  +
・こんな情報が書いてあります(箇条書き)
  +
・ボタン(申し込み用)

----------------

で作ることが多いです。



たくさん書けば書くほど、
どこが悪いから反応が悪いかを
見極めるのが難しくなります。


最低限のことしか書かなければ
悪いところを見極めるのが楽になります。




■3.成約率3.7%のLP@

LP@成約率3.7%.png


LP@では、

「見ず知らずの67人のリストから
1か月以内に100万円売れるか?」

というキャッチコピーにしました。


プレゼントするレポートの中で、

新規集客や新規営業せずに、
手元にある67人のメールアドレスから
100万円以上売れるかというチャレンジを
したので、

そのままストレートにキャッチコピー
にしました。



Facebook広告でアクセスを集めた結果、

LP@の成約率は、3.7%でした。


最初のこの結果を見たときは
衝撃でした。


「こんなに悪いとは・・・」


普通に10%以上は行くと思っていたので、
3%とは想像もできませんでした。




ここから次のLP案を考えていきます。


LPの成約率を高める3つのポイントの

(2)ターゲットの悩みをとことん考える

(3)相手に伝わる言葉を使い、極力シンプルにする

を考えます。




私がターゲットとしている人は、
中小零細企業の経営者、個人事業主の方です。


「もっと売上、利益を増やしたい」

「安定した経営がしたい」

「集客や販売方法を変えたい(もっと集客したい、売りたい)」

などと考えている人です。


ネットビジネス(ネット通販、アフィリエイト)ではなく、
昔からあるビジネスを地域で提供している経営者です。


ネット集客やマーケティングのスキルが
あまり高くない人です。





ここで改善案として考えたのは


私がターゲットとする人は、

「リスト」

という言葉を使っても、
意味がよくわからないのではないか?


ということです。



そして、ターゲットの悩みです。


「リストから100万円売る」

と言っても、どんなメリットが
あるのかわかりにくいのかもしれません。

「リスト」の意味が分からないので
当然です。


この2点を改善する案を考えました。


その結果、次のようなLPを作りました。




■4.成約率17.1%のLPA

LPA成約率17.1%.png


LPAでは、

「集客や営業が苦手な人でも、
「売上が伸びず、経営が安定しない」
悩みを一撃で解決する方法」

というキャッチコピーにしました。



「リスト」という単語を
使うのをやめて、

「売上が伸びず、経営が安定しない」
というターゲットの悩みを
全面に出しました。


Facebook広告でアクセスを集めた結果、

LPAの成約率は、17.1%でした。


前回のLPの5倍ぐらいになりましたが、
LPの成約率は30%以上を目標にしているので
まだまだです。




次に考えたのが、

「文字数が多すぎて読みにくいのではないか?」

「メリットが感じられないのではないか?」

の2点です。


LPAでは、

「悩みを一撃で解決する方法」

「300人に特別公開」

などと書いていますが、


・文字数が多すぎて、読みにくい、

・ストレートにメリットを書いていない

と考えました。



ですので、次はできる限り文字数を減らして、
メリットをストレートに伝えるようにしました。


その結果、次のようなLPを作りました。




■5.成約率40.9%のLPB

LPB成約率40.9%.png

LPBでは、

「最新の集客&販売戦略を全て網羅した
秘密のガイドブックをプレゼント!!」

というキャッチコピーにしました。


こんなことを書いたガイドブックを
プレゼントします!


という風に、文字数をできる限り減らし、
「ガイドブックをプレゼント」
というようにメリットがすぐに
わかるようにしました。



Facebook広告でアクセスを集めた結果、

LPBの成約率は、40.9%でした。



目標にした成約率30%以上を
クリアできたので、とりあえず合格点です。



今回の3つの事例からもわかる通り、
ちょっとした修正で、LPの成約率が
10倍になったりします。



考えたことは、

---------------------------------

(1)できるだけ余分な情報は書かない

(2)ターゲットの悩みをとことん考える

(3)相手に伝わる言葉を使い、極力シンプルにする

---------------------------------

の3つだけです。



1回の結果に一喜一憂せずに、
どんどんテストを繰り返してください。


素早くLPを作って、
テストする。

これを繰り返していけば、
満足できる結果がでるLPを作ることができます。



ぜひ試してみてください。


「集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所」のトップページへ

SEOマーケティングの電子書籍プレゼント
 


月10社限定無料相談(メール)
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。