集客対策はたったこれだけでいいの? 転送願います

 


こんにちは。

地域活力研究所の笠島です。


突然、洗濯機が壊れました・・・

F3という意味不明なエラーが出て、
うんともすんとも言いません。

小さい子供もいるので洗濯物がたまる・・・


でも洗濯機が壊れたおかげで
あることに気がつきました。


それはビジネスを行う上でとても重要なことです。

あなたがこれを知るだけで、すぐに結果が出せます。

詳しくは編集後記で。




突然ですがちょっと考えてみてください。


--------------------------------------------

仮に、あなたのホームページに商品に興味のある人が
毎月1万人集まるとしたら?---あなたの売上は
どのくらい増えますか?

--------------------------------------------


これを実現する方法を書きました。

詳しくは下記の記事を読んでください。
http://www.katuryoku.jp/article/15077428.html





もう一つ、考えてみてください。


--------------------------------------------

仮に、今のお客さんの95%が1年後も購入し続けてくれるとしたら?
---あなたの売上はどのくらい増えますか?

--------------------------------------------

これが実現すれば、きっと何か月先も予約で一杯でしょうね。


これを実現する方法を記事に書きました。

詳しくは下記の記事を読んでください。
http://www.katuryoku.jp/article/15077428.html





「素晴らしいホームページを作っても、
 売上アップや利益アップにつながらない」

と言う事が信じられますか?



成約できるホームページさえ作れれば・・・

見込み客を効率よく集める事さえできれば・・・

売上や利益は面白いように増えると思いますよね?


でも現実はそうではないのです。


詳しくは下記の記事を読んでください。
http://www.katuryoku.jp/article/15077428.html




(編集後記)

洗濯機が壊れ、新しい洗濯機を買う事にしました。

電器店の店員さんによると、洗濯機の寿命は7年
ということなので、9年近く使えたので買い替え時だったのか?


いざ洗濯機を買おうと、価格ドットコムなどを見ても、
どのような基準で買えばよいのかが分からない。


ドラム式

縦型

乾燥

洗浄力


・・・・ あたまは混乱するばかりです。


もしこれが、パソコンとか自動車とか
日ごろから興味があり、色々と情報収集している
ものならば違うのでしょうが、

洗濯機なんて、電器屋にいっても素通りです。


もし、第三者的な立場で、
上手な選び方を教えてくれる人がいたら、
どんなに便利か。

電器屋に行くと、お店が売りたい商品を勧められるに決まっているし、
ネットを調べても、良い情報になかなか出会えない。。。



でも考えてみてください。


あなたのビジネスでも同じことが言えるのではないですか?


少なくても、私のビジネスでは当てはまると感じました。


集客、売上アップなどを実現したい人が、
どのような判断基準で選べばよいのかが分かりにくいと思います。



悩みを上手に解決してくれる方法を教えてくれる人、情報は
本当に必要です。



そもそも人はなぜ○○が欲しいと思うのでしょうか?



これがとても重要です。


自動車の場合、

・エンジンパワーがある
・燃費がいい

などの特徴が欲しいからではありません。


ここを間違うと売れるものも売れません。


それらの特徴を前提として、
・ある悩みが解決する
・ある不満が解決する
・ある欲求が満たされる

などを得られるから買うのです。


洗濯機もそうです。

・半がわきの時の嫌なにおいをなくしたい

・雨の時も乾かしたい

・時間を節約したい

・娘の泥汚れをきれいにしたい


これらの不満、悩み、欲求を
満たしてくれるから買うのです。


どの商品ならこれらの欲求を満たすことができるか?

・安いもの

・高いけど最新機能のもの

・型落ちのもの


色々と考えた末に、
高いが最新の機能を備えた洗濯機を
買う事にしました。


今後、何年も私の不満を解消してくれることを
期待して。



ホームページを見ていると、
自分が売りたいものを、

いいですよ。
安いですよ。

と言う風に自分都合で売ろうとしているホームページを
よく見かけます。



はっきり言ってこれでは売れません。


あなたの商品、サービスが、
お客さんにどんなメリットがあるのか?

お客さんのどんな悩みを解決できるのか?


自分ではなく、お客さん目線のホームページにしないと
いけません。


一度あなた自身のホームページを見直してみてください。



(お願い)

◇メールの転送をお願いします。

メールの内容が気に入っていただけたら、
この情報を必要とするお仲間にこのメールを転送してください。

メルマガバックナンバーへ

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg