差別化できる商品・サービスの作り方


経営者とお話ししていると、

「うちの会社は差別化ができないんです・・・
どうすれば差別化ができるのでしょうか?」


という質問をよく頂きます。


差別化ができれば、商品が面白いように
売れていきます。


差別化ができれば、価格競争にならずに、
十分な利益を得ることができます。



差別化というのは、経営者にとって
なくてはならないものです。



今日は、どのように商品やサービスを
作れば差別化できるのかについて
お話しします。




私が初めてこの方法を知った時、
めちゃくちゃ驚きました。

「えっ?こんなやり方でいいの???」

という感じでした。


同時に、

目からウロコというのか、
私の常識がこわれました。



「今まで難しく考えていたけど、
こんな簡単なやり方でいいんだ!」


と思えました。




その後、この方法を検証すればするほど、
この方法で間違いないと実感できるように
なりました。


成功している経営者を見ていても、
この方法を使っています。



ですので、あなたにも
この方法を共有します。




▼ 私の間違っていた考え方


私は常に、

「お客さんに喜んでもらいたい」

「お客さんの役に立つ商品、サービスを提供する」

と思って仕事をしています。


あなたも同じだと思いますし、
多くの経営者も同じ考えだと思います。




ですので、提供する商品、サービスは

100点満点のものでないと世に出しては
いけないと思っていました。


その為に、徹底的にリサーチして、
様々な情報を集めて、

お客さんのためにはこうした方がよい
ということを考えて考えて、
商品、サービスを作っていきました。


ですので、商品・サービスの企画に
何か月も時間を使っていました。



さらに、商品、サービスを販売するための
ホームページを作るのも、完璧を求め
徹底的にリサーチして作っていきました。



このような過去の私の考え方には
2つの大きな間違いがあります。


「この考え方のどこに間違いがあると思いますか?」


あなたも2つの間違いを考えてみてください。


そして、ノートやメモ帳に答えを書いて下さい。
この作業を行うことで、確実にあなたはレベルアップします。

ぜひやってみてください。





↓ (考え中)





↓ (考え中)




答えは書けましたか?



過去の私の考えていたことには、
3つ大きな間違いがあります。


〇間違い1つ目 → 「机上の空論」 で自己満足に過ぎない


どういう事かといいますと、

徹底的にリサーチしてお客さんの気持ちを
かなり高い確率で理解した上で100点満点
の商品・サービスを作る。

と考えていましたが、

この考え方は、机上の空論に過ぎず、
ただの自己満足に過ぎないということです。



過去の私は、ネット上の情報や
書籍や雑誌などの情報、
過去の一部のお客さんの声などを
参考にしてリサーチして、

お客さんの気持ちを分かった風に
思い込んでいました。



しかし、このやり方で
今現在のお客さんの気持ちの
何%を理解できているのでしょうか?


この答えを出すには、

実際に今のお客さんに聞くしかありません。





〇間違い2つ目 → 行動が遅い(時間のかかり過ぎ)


誰しもが完璧なものを作ろうとすると、
修正、修正の繰り返しで、膨大な時間がかかります。



私も、リサーチして、考えに考え、
商品・サービスを作っていったので、
立ち上げるまでに数か月〜半年の時間を
費やしていました。


また、販売するために、ホームページなど
メディアを作るのに、
こちらも完ぺきを求め、ページを完成させるのに
何か月もかけていました。



本当の答えを知っているのは、
今のお客さんです。


なので、短時間で

実際のお客さんに試してもらい、
感想を聞くことをおこなうべきです。



ムダな所に時間を使うのは
間違い以外のなにものでもありません。





▼ 最短で結果を出すための商品・サービスの作り方


このやり方を私はある有名な起業家に
教えてもらいました。


マイケル・マスターソンという方で、
年商100億円以上の会社を2社、
年商50億円以上の会社を2社、
年商10億円以上の会社を10社以上
保有するスーパー起業家です。



この方が言う、
事業を立ち上げるもっとも賢いやり方は、


--------------------------------------

1.売るに値する品質の商品を作る。完璧なものを作ろうとする必要はない。

2.商品を売る。

3.商品が売れたら、改良を加えていく。

--------------------------------------

です。



完璧なものを作ろうとせず、
売るに値する品質の商品を作り、
それをとにかく売ってみる。


売る作業を行う上で、
お客さんの生の情報が
集まってくるので、

その情報を参考にして、
商品・サービスを改良していく。


ということです。




この方法を繰り返していくことで、

必然と差別化できる商品・サービスを
最短で作ることができます。





▼ まとめ

差別化できる商品・サービスを
最短で作るためには、


とにかく、生のお客さんの声を
聞くことです。


つまり、
短期間で売るに値する品質の商品を作り、

それを実際に売り、

お客さんの声を集めて、
改良を繰り返していくことです。




これは商品・サービス作り以外にも
通用する本質的な考え方です。



私もこの考え方に変えることで、

気持ちも楽になりましたし、
今まで以上に結果が出せるようになりました。




具体的にどうすればいいのか?
という方は、下記の無料相談もご利用ください。



▼ 月10社限定 無料相談
http://www.katuryoku.jp/category/2004453.html

 

 

 

「集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所」のトップページへ

 
レポートプレゼント

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg