【初心者向け】 WEB集客で絶対に押さえておくこと


毎月何十人という経営者から
集客の相談を受けていますが、

「これを知らないんだ・・・」

と感じることが多々あります。



WEB集客やWEBマーケティング
について、難しいことまで理解する必要はありません。


しかし、結果を出すために必要最低限の
ことは理解しておかないと、

悪い業者にダマされますし、
結果を出すことができません。




今日は初心者向けに、
これは知っておいてほしいということを
お話しします。



1.これだけは知っておきましょう!


WEB(ホームページやインターネット)を
活用して集客する場合、考えるべきことは
これだけです。



「集客=ホームページの成約率×アクセス数」


そんなこと知っているよという方も
いるかもしれませんが、

本当の意味で理解している人は
意外に少ないです。


ですので続きを読み進めてください。





2.「ホームページの成約率」で考えること


まず重要なのは、
ホームページのオファー(提案)
を何にするのか?です。


今の時代、いきなり何かを販売すると言っても
なかなか買ってもらえません。


そこで、

・無料レポートプレゼント
・無料相談
・資料請求
・キャンペーン(お得なサービス、商品)

などをオファーにします。


要するに、お客さん(見込み客)との
最初の接点を何にするかです。


また、最初の見込み客を集めた後に、
どのような流れで、お金払ってもらう契約まで
つなげていくのかという戦略も大切です。


成約率は、まずは1%を
目標にしましょう。


1%とは、100人がホームページを
みてくれて1件の問い合わせを獲得する
ということです。



余談ですが、

ホームページよりランディングページの方が
成約率は高くなる傾向があります。


ランディングページとは、
オファーを獲得することだけを考えて作る
ページです。


ホームページは、オファーを獲得すること
以外の情報もたくさん入ります。

ですので、成約率は低くなる傾向があります。




3.「アクセス数」で考えること


ホームページへのアクセスは、
本当に興味のある人を何人集めることが
できるかが重要です。


オファーに興味を持たない人を
何千人、何万人と集めても
意味がありません。


アクセス数とは、御社の提供するサービスに
興味のある人をいかに多く集めることが
出来るかが重要です。




WEB集客でアクセスを集める方法として

・検索エンジン経由(SEO)

・WEB広告経由
 →リスティング広告やFacebook広告など

の2つが軸になります。


これ以外には、

・FacebookなどSNS経由

・チラシや新聞、雑誌掲載による紙媒体経由

・新聞、雑誌、フリーペーパーなど紙媒体の広告経由

・テレビ、ラジオ

・看板

など色々な方法でホームページの存在を
知ってもらいアクセスにつなげることができます。



しかし、WEB集客を考えるときに
最初は、


考えることは

・検索エンジン経由(SEO)

・WEB広告経由
 →リスティング広告やFacebook広告など

の2つを考えてください。



御社のサービスに興味がある人を
集めるためには、

検索エンジンの場合は、
どのような検索キーワードで検索しているか
を徹底的に考えてください。


キーワードを見るだけで、

「何となく情報を知りたいだけの人」



「本気で行動しようとしている人」

かがわかります。



検索エンジン経由以外のアクセスは、
基本あまり購入意欲が高くありません。






最後にまとめます。


WEB集客で考えるべきことは、

「集客=ホームページの成約率×アクセス数」

です。


先ほど話したように、

・ホームページの成約率

・アクセス数

の考え方もしっかりと理解しておいてください。




これを理解しておくだけで、
かなり結果を出しやすくなります。

 

 

「集客方法・売上アップ・利益アップの悩み相談所」のトップページへ

 
 
 
 
 
無料プレゼント(集客レポート).jpg

 
 
2018年最強の集客方法.png
 
 

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg