最近の成功事例→結果が出る会社の特徴(秘策!)


こんにちは。

「あなたの会社を、地域社会から信頼され、
長期的に安定した経営ができる会社に変身させる」

をコンセプトに経営者のサポートをしている笠島です。




今回は最初に、
最近のランディングページ集客の結果を紹介します。


・159アクセス→26件成約 成約率 16.4%
 →月の広告費 43,140円  1人獲得単価 1,798円


・115アクセス→19件成約 成約率 16.5%
 →月の広告費 31,985円  1人獲得単価 2,285円


・150アクセス→20件成約 成約率 13.3%
 →月の広告費 45,456円  1人獲得単価 2,674円

 
・149アクセス→12件成約 成約率 8.1%
 →月の広告費 34,620円  1人獲得単価 3,462円



4つの事例とも、
単価は10万円〜30万円ぐらいのサービスです。


そのお客さんが2000円ぐらいで獲得できるのは凄いですよね。




○なぜ結果が出るのか?


結果が出ている会社に共通している点が2つあります。


1.社会に役立つ価値を作れている

2.信頼されている


この2つが反映されている会社は結果が出やすいです。




○社会に役立つ価値とは?


多くの会社は、自社はすごい、すごいと
自社の自慢をしているような表現をしています。


しかし、このような一方通行の表現では
消費者は反応してくれません。


俺ってすごいんだよ!
みたいな自慢ばかりされても、嫌ですよね。




そうではなく、あなたの会社が

「多くの人が困っている社会問題を解決する会社」

なら、多くの人が応援してくれます。



「そんな価値のあることしていないよ!」

多くの経営者はこう言います。



しかし、何度もヒアリングを重ねていくと、
必ずと言っていいほど、社会問題を解決できる価値が
見つかります。



多くの人に応援してもらえる価値が見つかれば、
だいぶ結果は出やすくなります。



しかし、これだけだは弱いのです・・・





○すぐに真似されてしまう


先ほど話した、新しい価値は
いい方は悪いですが、すぐに真似されてしまいます。


最初は良くても、真似されて、
同じようなことを行う会社がどんどん出てきたら
結果が出なくなってきます。


他社との差別化という言葉を何度も聞いたことが
あるかと思いますが、他社と差別化できる何かを
持っていないと、なかなか結果が出ません。


差別化の要因はいくつもあります。

・商品、サービス
・人(経営者や社員)
・会社(歴史、実績、経営理念など)


どれでもいいので、差別化要因を
作らないといけません。



しかし、そう簡単に差別化要因は作れません。



業界No.1
日本No.1
実績数3万件
などなど

色々とホームページには書いてありますが、

嘘というか本当なのかな?

という表現も多いです。


実績数3万件とかなら分かりやすいですが、
業界No.1というなら、何でNo.1かとかを
証明する必要があります。


証明できずに、言いっぱなしの会社では
結果がでません。



○簡単に作れる差別化要因


意外に簡単に作れる差別化要因があります。

それが「会社(経営者)の信頼」です。


私が思うにビジネスを行う上で
「信頼」が一番重要です。



その信頼を獲得する方法もいくつもありますが、
一番短い時間で、大きな信頼を得られるのが、
新聞、テレビなどのマスメディアにたくさん出ることです。




例えば、

A:「町のおいしいパン屋さん」

B:「雑誌やテレビで20回以上紹介されたおいしいパン屋さん」


あなたはこの2つのパン屋さんがあったらどちらに行きますか?



次は化粧品の例として、


A:「○○成分がたくさん入った人気化粧品が50%引きで販売!」

B:「女性誌で特集!テレビの懸賞で応募数3000人突破!
  この人気化粧品を限定100個、50%引きで販売!」



あなたはこの2つの化粧品があったらどちらを買いますか?




パン屋にしても化粧品にしても、
ほとんどの人がBのマスメディアに取り上げられている商品を
選ぶと思います。



人(消費者)は自然とこう思います。


・新聞に出ている → 信頼できる良い会社なんだな

・テレビに出ている → 信頼できる良い会社なんだな

・女性誌で特集 → 話題になっている商品なんだな

・応募が多い → みんな欲しがっている商品なんだな




実績や売上などはそう簡単にNo.1になれません。

特許や誰も真似できない商品、サービスなんて
そう簡単に開発できません。



普通の会社が勝つには、
効率よく信頼を得ていくしかありません。




○勘違いしないでください!


勘違いしてもらいたくないのは、
メディアに出るためにはプレスリリース配信をすれば
いいなどと簡単に考えないでください。


ちゃんと考えずにプレスリリース配信をしたところで、
ゴミをまき散らかしているのと同じです。

新聞社、テレビ局は大迷惑です。


そんなことはしてはいけません。



ただ、効率よくマスメディアに取材してもらい、
信頼を獲得する方法は確実にあります。

 

マスメディア取材獲得サービスはこちら

 

 

 
 
 
 
 
無料レポートCTA(705).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg