集客方法や収入源の複数化で危機を乗り切る


2011年4月18日 日経MJに
「美容室大手2社 客数・売上高減」 という記事が載っていました。

美容室大手の田谷とアルテサロンホールディングが発表した3月の客数と売上高は
いずれも前年同月に比べて減少しているそうです。

東日本大震災にともなう店舗の休業や大学などの卒業式中止、計画停電の実施で
客数が減ったことが原因とのことです。

田谷の客数は全147店舗で約14万4000人で11.9%減、
売上高も約10億1326万円で13.7%減だそうです。

アルテサロンも関東で展開する「Ash」の客数が15.4%減、
全体の売上高も9億1500万円で11%減だそうです。

3月の繁忙期にこの現状は大変厳しいものだと思います。


大企業で販促費をたくさん使い、様々な集客方法を行っていてもこの現状
ですから、販促費の少ない小さな店舗はもっとひどいのではないでしょうか。


今回は未曾有の大震災でしたが、このような逆風がいつまたやってくるか分かりません。
次に同じようなことが起こっても、ここまでひどくならないように対策をうたねばなりません。

あなたならどのような対策を行いますか?

↓ ↓ ↓

私の知人の治療院でも震災の影響でキャンセルが相次いでいました。
通常ならば目の前が真っ暗になり、意気消沈するのでしょうが、その知人は前向きに
頑張っていました。

何が彼をそうさせたのでしょう?


実は彼の治療院では様々な対策を以前から構築していたのです。

まずは一つ目は集客方法というかビジネスモデルを複数構築していました。

通常、治療院は店舗を構えて、チラシやホームページなどの集客方法でお客様が
来院するのを待ちます。

しかし、この治療院はこちらからお客様の家まで出向くことも行っていました。
いわゆる出張です。

今回の震災で待ちの営業による客数は激減しましたが、攻めの営業による客数は
全く減りませんでした。


次に二つ目に、この治療院ではホームページを複数開設して、ネット上でお客様を
サポートするサービスも行っていました。

こちらも月々定額でお金が入ってきますので、3月の収入も変わりませんでした。

もちろん、これが全てではありませんが、集客方法や収入源などについて考えれば、
色々なアイデアが出てくると思います。

たとえ震災が起こらなくても、今までと同様の集客方法、営業方法では近い将来
経営が苦しくなるのではないでしょうか。

今からでも遅くありませんので、集客方法や収入源の複数化を考えてみてはいかが
でしょうか?


【実店舗とホームページの集客方法強化とコスト削減で店を元気にマチを明るく!】

地域活力研究所(http://www.katuryoku.jp/) 

代表 笠島 万紀夫

(サービスメニュー)
集客方法・コスト削減・売上up(アップ)・集客コンサルタント・ホームページ集客・節電・電気削減・電子看板・デジタルサイネージ・LED照明・CAT端末・看板集客・携帯サイト集客・SEO上位表示・ホームページ上位表示・ブログ集客・イベント集客・営業リスト


コスト削減とローコスト集客方法で利益を最大化する地域活力研究所
http://www.katuryoku.jp/

小さな会社や店舗の経営に関する悩みを直接無料相談してみる
http://www.katuryoku.jp/category/1416061.html

コスト削減の無料診断や広告宣伝費・ホームページの適正診断してみる
http://www.katuryoku.jp/category/1364276.html

(関連サイト)
治療院・整体サロン向けのサイト
http://tiryouin.katuryoku.jp/

 
レポートプレゼント

 
記事下画像(20190129).jpg

 
 
 

◆ Facebookページも「いいね」を押してください。

 
Facebookページに「いいね」を押してくれた人にだけ、

こっそり内緒で情報を公開しています。
 
・もっと集客したい!
・もっと売上を増やしたい!
・もっと利益を出した!
・長期的に安定した経営をしたい!
 
という方は、Facebookページに「いいね」を押して、
一緒に学び、結果を出していきましょう。

??? 質問・相談の受付窓口

 
ームページを見ていて、

  • ちょっと分からない点がある。
  • 不明な点があるので質問してみたい。
  • 相談にのってもらいたいことがある。

というような質問、相談事項がある方は下記「ちょっと質問するボタン
よりご質問ください。

 
ちょっと質問してみる.jpg